祭りと祭礼

祇園祭が観光化しているとの批判の声もないわけではないが、実はそこに祭りか 祭りと祭礼 ら祭礼へと変化した姿がある。

柳田国男は、日本の祭りのもっとも重要な変り目 を、見物と称する群の発生に見出している。すなわち参加者の中に、信仰を共にせざる人びと、 いわばただ審美的の立場から、この行事を観望する者の現われたことであるとして、そのはじまりを京都とその周囲の祭り、ことに祇園祭にその原点を見出しているの である(「日本の祭」)。

観光化も祭りの一つの在り方で、見せるためにそれはおこなわれているといえる。

単なる見せ物ではなく神威を顕現発揚しているわけである。

しかもそれは山鉾の巡行一つをとっても、それぞれ 「準備から飾付け、また稚児の扮装、雑子方、綱を曳き、また鼻く人、等々多くの人びとの協同によって成り立っている。

山町鉾町の人びとは祇園祭を遂行するために組織を作り、それぞれの役割に応じて協力し合って祭りを盛り上げる働きをしている。

これを支えているのは、やはり”祇園さん”に対する信仰である。

米山俊直氏も、山鉾町の人たちが 「神事だと思うからやれるので、 観光客を喜ばせるためになど、こんなしんどいことがやれるわけはありません」といった言紫全 伝えている(「祇園祭」中公新書)。

そこにみられるのは何よりも祇園さんのご加護に対する信仰で あり、父祖伝来の遺産を継承しようとする心意気である。

そしてこの祇園祭を通して、京都の人」 びとは一つに結ばれる。祭りの担い手である氏子中 ばかりではなく、百数十万におよぶ見物人も、また この日家々で、 しきたりの鯖寿司や ハモの料理に舌 つづみを打つのも、 ハレの日の祭りに参加する一つ の形態である。

社会的統合に顕著な役割を果している祭りがここにある。

そしてこの祇園祭の形態、あるいは山鉾の形は、 「戦国時代以来地方に伝播していった。

応仁の乱の戦 「を避けて土佐へ逃げた一条教房は土佐の中村に京都に模した市街をつくって、京都の文化を移植したの である。

大内氏は京都に憧れて山口という城下をつ くり、 そこに京都と同じような町をつくった。山口からわかれた津和野もそうである。飛弾の高山の高 山祭もそうであるが、いずれも小京都といわれるような町が次々にできていく。

その場合、最初に移績したのが祭りであって、祇園祭の山鉾のよう なものが、いまもそういう町に遭っているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です